総看護師長あいさつ

ようこそ、岩手県立二戸病院看護科ホームページへ

当院は岩手県北部に位置しています。折爪岳を背にし、馬淵川がとうとうと近くを流れる自然豊かな地域です。

県北では唯一の一般急性期病院であり、沿岸の久慈圏域を含めた広域の周産期センターでもあります。患者搬送ヘリポートも完備され、高次救命救急センターや県立中央病院との連携を図りながら救急医療に携わっています。また、慢性期疾患患者の教育にも力を入れ、糖尿病教室やフットケア外来など、セルフコントロールを目標とし、患者さんと関わっています。さらに、カシオペア地域連携を軸とし、住み慣れた地域で生活を続けられるように退院支援にも力を入れています。

私たち看護科は、病院の基本理念・基本方針のもと、一人ひとりを大切に思いやりの心で、地域のニーズに沿った看護の提供を目ざしています。その為に、健康的で感性豊かな看護師、さらに、向上心を持ち継続的に自己研鑽に努める看護師の育成が必要と考え、専門的な内容はもちろんのこと人的成長につながるような研修を行っています。

また、職員が明るく元気に働き続けられるよう、「ありがとう」のキャッチボールが増えるような職場づくりを目指しています。

看護師長
総看護師長:林本 郁子

岩手県立二戸病院看護科理念

一人ひとりを大切にし、思いやりのある看護を目指します。

看護科の基本方針

  1. 安全な療養環境を提供します
  2. 地域と連携し、退院支援を推進します
  3. 自律的に職務に取り組み、専門職として自己研鑽に努めます
  4. ワークライフバランスを尊重し、働きやすい職場づくりに努めます
  5. 一人ひとりがコスト意識を持ち経営に参画します

受持ち看護師制の紹介(看護提供方式)

受け持ち看護風景当院では、患者さまの入院から退院までを一人の看護師が責任を持って担当させていただいております。

お世話させていただくにあたり、患者さま・ご家族の皆さまと相談しながら療養生活についての計画を立てていきます。なお、受け持ち看護師が不在のときは、当日の担当看護師がお世話させていただきます。
また、日々のケアはPNS(パートナーシップ、ナーシングシステム)を導入し、補完しつつ、患者ケアの充実に努めています。

部署の紹介

2病棟

産婦人科・小児科・外科・放射線科

平成23年より県北地域周産期母子医療センターの役割を担い、岩手県北のみならず青森県南地域の妊産婦を受け入れており、年間の分娩件数は約400件余りとなっています。
特に岩手県立久慈病院と連携し、人事交流研修等を通して地域の周産期管理を強化しています。ハイリスク妊婦の管理および緊急帝王切開がいつでも可能な状態を維持するとともに、在胎32週以降の早産児や体重1500g前後からの低出生体重児等のハイリスク新生児を管理するため、助産師・看護師共に新生児蘇生法専門コースの資格を取得し、周産期管理体制の整備を図っています。より助産師の専門性を発揮するために、アドバンス助産師の育成を推進し質の高いケアを目指しています。また、手術を受ける患者さんや緩和ケアの患者さんに対してご家族を含めた支援に努めています。

3西病棟

脳神経外科・脳神経内科・外科

脳外科・脳神経内科は、脳出血や脳梗塞の急性期、リハビリ期の患者さんが入院しています。高齢者や疾患の特性から認知力が低下しており、多くの患者さんが、常に見守りを必要としています。麻痺や嚥下が困難な患者さんの援助が適切にできるよう、医師、看護師、理学療法士、言語療法士などの他職種とカンファレンスを開催し、意見交換を行いながら連携しています。
外科は、消化器系の悪性腫瘍患者さんの手術や化学療法の看護やターミナル期にある患者さんの緩和ケアも行っています。術後患者さんは、合併症を予防し、早期の社会復帰を目標としており、化学療法を受ける患者さんや緩和の患者さんは、入退院を繰り返すため、身体的・精神的に細やかな配慮を心掛けています。

4東病棟

消化器内科、眼科、放射線科

消化器内科は胆のう胆管炎・膵炎・肝炎・胃腸炎などの炎症性疾患や結石症・腸閉塞・ポリープ・各種悪性腫瘍・糖尿病患者が多く、若年から高齢までの年齢層の広い患者さんが入院しています。消化器内科特有の上部・下部の消化管造影や内視鏡を用いた検査や治療・糖尿病の教育が日々行われています。眼科は主に白内障患者で、週2回1日4~5名の手術を行っています。患者さんが安全・安楽な入院生活が送れることを第一に考えながら医師・看護師は入院時から思いを傾聴し、心のこもった看護を心がけています。また多職種と連携し入院時から退院を見据えた支援や緩和ケアにも力を入れて取り組んでいます。

4西病棟

循環器・整形外科・泌尿器科

循環器科は、急性心筋梗塞や重症の狭心症などの重症度の高い患者さんが多く、心臓カテーテル検査・冠動脈治療などの専門性のある治療や緊急処置が年間200~250件行われています。整形外科は、骨・関節・筋肉神経の疾患を対象として手術・牽引・ギブス療法が行われています。地域連携パスを運用し術後はできるだけ早く安心して自宅へ退院ができるよう、地域連携の施設・病院と連携を図りながらリハビリの継続をしています。泌尿器科は、がんの診断から終末期ケアまですべてのステージにいる患者さんに緩和ケアを中心に心に寄り添った看護を提供しています。

手術室

年間手術件数約1650件行われています。看護師数13名で、夜間・休日は待機制をとり365日緊急手術に対応しています。患者年齢層は広範囲であり、術前・術後訪問を実施し患者さんの不安の軽減に努めています。中央材料室は看護補助者4名で各種器械の滅菌、消毒や器材の払い出しを行っています。

外来

外来の目標を「外来から始まる切れ目のない看護を提供します」と掲げ、患者さん、ご家族の方が住み慣れた地域で安心して療養生活を送れるよう、多職種と連携しながら生活指導や困っていることの相談対応を行い、在宅療養支援に努めています。消化器外来では、在宅ホスピス訪問診療を行い、「その人らしさ」を尊重した関わりを大切にしています。化学療法室では患者さんとゆっくり関わる時間を設け、安心して治療が受けられるよう支援しています。救急は岩手県北、及び青森県南部地域の2次救急を担っており、ドクターヘリも受入れています。

看護外来について

  診察日 時間
助産外来 月~金 午後
ストーマ外来 月~金  外来受診日、時間に合わせて
フットケア外来 月 水 金 午後13時から

ストーマ外来

オストメイト(人工肛門、人工膀胱を設置された方)が、日常生活を安心して、快適な生活が送れるように、生活の変化に応じたケア、皮膚トラブルの問題解決、新しい装具の情報提供、生活指導等を行っています。他に褥瘡(床ずれ)のケア方法や予防について、失禁やスキントラブルについても相談や支援を行っています。お困りのことがありましたら通院している外来窓口、相談窓口でお気軽にお問合せ下さい。

フットケア外来

フットケアを行うことにより糖尿病患者さんの足病変の発症予防と、早期発見、早期治療に取り組んでいます。ご心配なことがあるときは、当院消化器内科外来にてご相談ください。

助産外来

糖尿病教室・糖尿病週間行事

糖尿病教室は年3回無料で、一般の方にも広く呼びかけ行っています。多職種からの講義や療養、生活相談も応じています。また、毎年11月は糖尿病週間行事として、1階のホスピタルストリートで血糖測定、栄養相談、フットケア相談を行っています。

認定看護師について

認定看護師とは、特定の看護分野において5年以上の実践経験と教育を納め、認定看護師審査に合格した看護師です。熟練した看護技術と知識を用いて患者さんへのケアと看護師への相談、教育を通じて看護の質向上を図るために活動しています。

皮膚・排泄ケア認定看護師(小笠原春美)

皮膚・排泄ケアとは、創傷(きず)、褥瘡(じょくそう:床ずれともいわています)、ストーマ(人工肛門、人工膀胱)、失禁など排泄ケアに関わり、スキンケアを専門としています。
現在は主に病院内で、褥瘡対策チーム、栄養サポートチームの一員として活動しています。外来ではストーマ造設後も不安なく日常生活が送れるように支援し、褥瘡のある患者さんへも継続した支援を行っています。
今、何か困っていることや気になることがありましたら、外来受診時や電話でもお気軽にご連絡ください。

感染管理認定看護師(菊地努)

感染管理認定看護師は、専門的な知識と技術を用いて、患者さん・来訪者・医療従事者・施設・環境を対象に、感染に対するリスクを最小限に抑えるために、正しく効率的な感染管理を計画、実践、評価し、提供するサービスの質の向上を図るといった重要な役割を担っています。
現場で直接ケアに携わる事はありませんが、自らの立場で皆様に貢献出来るように努力して参ります。皆様が安心して岩手県立二戸病院を利用して頂ける様に、日々の活動を進めていきたいと思います。

緩和ケア認定看護師(畑山賢 田口真理子)

緩和ケアとは、痛みなどの体の苦痛、気持ちのつらさ、生活上の不安など様々な問題に対応し、患者さんとそのご家族が病気を抱えながらも最期まで自分らしい生活を送ることが出来るように支えていくケアです。
当院には緩和ケア認定看護師が2名在籍しており、カシオペアがんなんでも相談室と病棟に勤務しております。体や気持ちのつらさ、病気を抱えながら生活していく上での不安や悩みを、患者さんやそのご家族のお話しを伺いながら、問題解決のお手伝いをさせていただきます。どうぞお気軽にご相談ください。

教育計画

岩手県立病院キャリア開発ガイドラインに基づき、個々のキャリア実現に向けて研修を企画・運営しています。継続教育体系は医療局研修、院外研修、院内研修(集合研修・OJT)に分けられ、院内研修はクリニカルラダーごとの研修や、全職員対象の専門研修等多様な研修を企画しています。

区分 項目 研修目標 研修内容
新採用者・中途採用者 オリエンテーション 1.当院看護科の概要を理解する 1.看護科理念・基本方針・重点取組事項
2.看護科運営組織体制・会議及び委員会
3.看護業務基準・看護倫理
4.教育理念・キャリア開発プログラム
5.看護科自治会 他
新人看護職員関連研修 1.社会人、組織人としての自覚を持ち看護職者として責任のある行動ができる
2.看護基準・手順に基づいて指導を受けながら日常の看護が実践できる
3.看護に必要な技術・知識を主体的に学習できる
1.圏域技術研修(圏域病院合同)
①医療安全、感染防止、採血・静脈注射の技術
②褥瘡予防、創傷管理、スキンケア
③バイタルサインのアセスメント、呼吸管理に関する技術
2.院内集合研修(基礎看護技術・多重課題、リフレッシュ研修他)
3.新人パートナー研修
4.JOBコーチ研修
5.育成会議
キャリア別 ステップ1 1.受け持ち患者の看護実践を振り返り受け持ち看護師としての役割を自覚し、役割発揮できるようになる ケースレポート
1.ケースレポートの書き方
2.看護理論の活用
3.報告会
ステップ2 受け持ち看護師としての成長研修
1.他施設の実地研修から、生活者としての患者理解ができる
2.受け持ち看護師として退院後の生活を見据えた支援ができる
1.これからの受け持ち看護師としての役割
2.退院支援
3.緩和ケアチームの活用
4.他施設実地研修
5.報告会
ステップ3 リーダーシップ力向上研修
1.自部署の看護の質改善や安全文化の発展にリーダーシップを発揮しながら取り組むことができる
1.リーダーシップとは
2.看護現場の現状分析
3.問題解決法
4.PDCAサイクル
5.実践報告会
ステップ4 他部門を巻き込んだ業務改善
1.看護の質保証または業務改善にむけ医療チームの連携を図り、リーダーシップが発揮できる
1.医療チームの調整役としてのリーダー
2.実践報告会
全体研修 1.今年度の重点取組事項を理解する
2.自己のキャリア開発について思考し、主体的に研修に取り組む
1.総看護師長講話
2.看護科研修計画について
3.認知症看護
3.看護倫理
専門研修 1.静脈注射の実践能力を高め安全な静脈注射の実施及び指導ができる 静脈注射プログラム研修
管理研修 マネジメントラダーに沿った目標設定 1.看護師長研修(月1回集合研修)
2.看護師長補佐研修 看護補助者育成
ファシリテーションスキル
3.主任看護師研修 PNSの推進
看護補助者研修 1.病院職員・職業人としての責任と職務がわかる
2.接遇、守秘義務を理解し実施でき る
3.医療安全・感染防止対策が理解でき実施できる
4.看護補助者業務についての知識・技術を高める
1.総看護師長講話
2.医療安全・感染防止
3.接遇 4.褥瘡予防  5.口腔ケアと食事介助
6.認知症状への対応

新人看護職員支援体制

当院の新人看護職員の研修体制はPNSとチーム支援型体制をとっています。 新人看護職員は年間パートナーに精神的に支援を受け、看護技術などはJOBコーチが責任を持ち指導する体制をとっています。

実習の受入について

実習風景当院は、岩手県立二戸高等看護学院等の実習施設となっております。看護学生の実習受け入れについてご理解、ご協力をお願いいたします。

ふれあい看護体験の受け入れ 

看護協会の企画に協力し、年2回ふれあい看護体験を開催しています。他に看護学生の夏休みを利用してのサマーセミナーを受け入れています。

インターンシップは随時受け付けしております。事前申し込みが必要です。下記までご連絡ください。

<インターンシップ申込>
二戸病院看護科
教育専従看護師看師
電話:0195-23-2191 内線:5121
Mail:nnh-kanintashippu@pref.iwate.jp