外科

診療内容及び専門分野

当院外科の対象疾患は、消化器(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肝胆膵疾患等)をはじめ、乳腺・甲状腺・ヘルニアを含む一般外科、さらに救急疾患に対する治療を行います。悪性疾患の手術が中心ですが、良性疾患の手術も行います。

手術件数はここ数年、280〜320件/年程度あります。
最近の内視鏡手術にも積極的に取り組んでおり、腹腔鏡下胆嚢摘除術、腹腔鏡下虫垂切除術、腹腔鏡補助下大腸切除術、腹腔鏡下潰瘍穿孔閉鎖術、腹腔鏡下胃切除手術、腹腔鏡下鼠径へルニア修復術などを行っています。また、3Dカメラを導入し、システム化された設備で更に高度かつ安全な腹腔鏡下手術が可能となりました。
夜間・休日の救急も24時間オンコール体制で対応しております。カシオペア連邦(二戸市、一戸町、軽米町、九戸村、旧浄法寺町(二戸市に合併))はもとより、葛巻町、青森県三戸町、田子町など約8万人の広い医療圏で求められる外科診療に対し、県北の中核としての責務も担っています。

外科病棟は3階西棟にあり、ベッド数は30床です。悪性腫瘍の中では胃、大腸、乳腺、肝胆膵の癌の手術例数が多く、悪性疾患の比率は約半分を占めています。また、化学療法(抗がん剤治療)が必要な患者さまに対しては、主に外来化学療法室で治療を行っています。このように癌患者さまを多く治療していますので、緩和医療についても力を注いでいます。
患者さまとその家族に対する信頼を得るため、告知などの心理面への配慮、セカンドオピニオン、緩和ケア、抗癌剤の副作用対策など多角的にがん診療を行っています。

当外科の特徴としては、鼠径部ヘルニア(脱腸)に対する再発ゼロをめざした手術を積極的に行っていることです。患者さまの病態に応じて、鼠径部切開法(主にKugel法)や腹腔鏡下修復術(TAPP、TEP) を選択しています。

ページトップへ

医師紹介

職名 副院長心得兼感染管理室長
氏名 川村 英伸(かわむら ひでのぶ)
出身大学(教室) 岩手医科大学
卒業年 平成元年
専門領域 外科、消化器外科、内視鏡外科、ヘルニア外科
専門医
認定医等
日本外科学会専門医・指導医、日本消化器科学会専門医・指導医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、緩和ケア指導者研修会修了
職名 消化器外科長兼災害医療科長
氏名 中屋 勉(なかや つとむ)
出身大学(教室) 岩手医科大学
卒業年 平成6年
専門領域 消化器外科、外科一般
専門医
認定医等
日本外科学会専門医
職名 外科長
氏名 川ア 雄一郎(かわさき ゆういちろう)
出身大学(教室) 岩手医科大学
卒業年 平成11年
専門領域 消化器外科、一般外科
専門医
認定医等
日本外科学会専門医
職名 外科医長
氏名 松井 雄介(まつい ゆうすけ)
出身大学(教室) 岩手医科大学
卒業年 平成22年
専門領域 一般外科、乳腺外科

ページトップへ

外来診療予定表

H30.4.1〜

区分
午前 中 屋 川 村 中 屋 川 村 川 村
松 井 中 屋 川 崎 川 崎 松 井
岩手医大
医師
    岩手医大
医師
岩手医大
医師
第3
乳腺外来
岩手医大
医師
       
午後 第1・3
小児外科外来
岩手医大
医師
       

ページトップへ

ページ下端のバーです。
Copyright© 2006 岩手県立二戸病院 All rights Reserved.