在宅ホスピスケア(在宅緩和ケア)について

ホスピスケアガイドブック写真

当院では、がんの診療で入院されている患者さまの中で、症状が落ち着いた方や、終末期であっても患者さま・ご家族が在宅を希望されれば、自宅において快適な療養ができるよう圏域内の訪問看護ステーションと協力し、在宅緩和ケア(在宅ホスピスケア)に対応しております。

また、在宅ホスピスケアのあれこれをまとめたガイドブックを作成し、ご希望の方に差し上げております。

在宅への移行は、患者さまの意思を尊重しながら、ご家族も参加し、病院職員とのチームカンファレンス(検討会)において決定されます。
詳しくは、主治医や看護師、またはカシオペアがんなんでも相談室にご相談ください。

緩和ケアとは
身体的苦痛や気持ちのつらさを少しでも和らげるためのサポートを行い、それぞれの患者さまが“その人らしく”過ごせるようにしていくことです。
病気の状態や時期に関係なく、診断されたばかりの時期から療養の経過中を通じていつでも受けることができます。
その中で家族とともに自分の家で過ごす為、病院などの施設ではなく自宅でのケアを特に在宅緩和ケア(在宅ホスピスケア)といいます。

ページトップへ

ページ下端のバーです。
Copyright© 2006 岩手県立二戸病院 All rights Reserved.