地域医療福祉連携室

地域医療福祉連携室について

地域医療福祉連携室は「自院と他院・他施設をつなぐ窓口」です。患者さんにより良い医療を提供しスムーズに退院・転院することができるよう、医療機関・介護施設をはじめ、行政や福祉に関わる多くの施設をつなぐ役割を担っています。

患者紹介

他の医療機関からの患者紹介受付に関する業務や、地域の医療機関・介護施設等との調整などの業務を行います。

退院支援

患者さんの入院から退院、その後の療養に関して、患者さんやご家族の同意を得ながら安心して退院することができるよう、また、退院先の環境やその後の療養にあわせて具体的な療養指導や社会資源(他の医療機関、施設)の情報を提供し、退院への不安を軽減するよう支援していきます。
患者さんやご家族とのお話し合いを行い、主治医や病棟スタッフあるいは医療ソーシャルワーカーなどの多職種、院外の関係機関と連携し、退院・転院に向けての支援を行います。

入院中の患者さんやそのご家族で、退院に向けての相談を希望される場合は、病棟看護師へお声をかけてください。

医療相談室

病気になると、それに伴い様々な心配ごとが起きてきます。医療相談室では、専任の相談員(医療ソーシャルワーカー)が、患者さんやご家族の生活上・療養上の心配事、不安などのご相談に応じ、解決のお手伝いをします。

医科歯科連携

当院には歯科がないため、二戸歯科医師会と協力し、患者さんの口腔機能の維持管理を行っています。NST回診・歯科回診・必要に応じた訪問歯科診療により、口腔機能の維持・改善を図り口腔感染予防、食支援を行います。
また、がんの手術前後の口腔衛生の保持の重要性が求められ、地域の歯科診療所と連携してがん周術期における口腔ケアへの取り組みをはじめています。

カシオペア地域医療福祉連携研究会(ひめほたるネット)の活動について

平成22年4月の発足以来、カシオペア地域医療福祉連携研究会は、当地域の医療、福祉の連携を推進する活動を行っています。
会員に対する研修会の他、一般市民を対象としたフォーラムの開催や、会員を講師として派遣する出前講座も行っています。
意思決定や当地域における終末期について学ぶ機会を持ち、当地域オリジナルの事前指示書『HOTARU』を作成・配布しています。

カシオペア連邦 介護・福祉マップ(ひめほたるネット作成)

二戸管内の全ての介護施設がわかるマップです。